FC2ブログ

with×××





う~んと :: 2012/08/11(Sat)

20120811

何観ようっかなぁ~♪

やっぱり六ヒルのTOHOシネマズ好きやわぁ~❤
スポンサーサイト
  1. Cinema
  2. | trackback:0
  3. | comment:3

【貞子3D】 :: 2012/05/13(Sun)


原作:鈴木光司「エス」
公開日:2012.5.12


うーん

どうでしょう。

3D作品としてはとても良く出来ていたと思います。

貞子が飛び出してきた(笑)
貞子の手も飛び出してきた(笑)
蝶もガラスの破片も目前にすっとんできた(笑)

この飛び出してきかたはもしかしたら
【タイタニック3D】より若干迫力あったかも?

だから【リング】シリーズの新作として作成されたのは
3Dだったから良かったのかも知れない。





ただ、内容的には・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「何だ?あれ?どうしてあんなの出てくんだ?それより貞子出せよ(苦笑)」

的なものがあったなー。
過去の作品はジャパニーズ・ホラーだったけど
今回は何か違くね?

あーゆー、ジワジワと重たく感じる怖さは無いね。
かと言ってアメリカンホラーって訳でもないんだよね。
何かに例えて言うなら、TVゲームでもやってる感じ?

「うわっ!出て来た!くそ!喰らえ!」

…って感じかな。

あれ?
リング・シリーズって、こんなんだったっけ?w
ま、でもこんな印象が残った映画かな。

D☆DATEの瀬戸ちゃんが演じた主人公の恋人・安藤孝則は
【ラセン】では子供で死んでしまう登場人物なんだそうな。
では今回、大人の生きている人物として登場している理由は…?
等、続編が出来るんじゃないかって含みありな内容でした。

来月には韓国(200スクリーン)と香港で公開が決定だそうです。


余談ですが
公開日の12日には渋谷の舞台挨拶に行って来ました。
まー、瀬戸ちゃんが登場するからなんですがね(^_^;)
貞子も来てて、何ともその行動が怪しくて
面白くてほのぼのとした舞台挨拶でした❤

それにしても瀬戸ちゃんがやった役は良いよ~❤
  1. Cinema
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

【タイタニック 3D】 :: 2012/04/13(Fri)

titanic

原題:TITANIC 3D
日本公開:2012/4/7(初回公開:1996年)
上映時間:195分

いや、ほんと、良い映画です。

まだ冒頭30分も満たない間に、しかも
現代で宝石探査機が水中で動いているだけなのに
泣いちゃったんだよねー(^_^;)

1912年4月15日タイタニック号沈没。
それから100年。

本当に100年前に起こった事ぢゃないですか。
乗船していた人達は怖かっただろうな…
とか考えたら泣けるよねー



それにレオとケイト、若い二人の演技が本当に上手い!!
二人とも、まだ20代になったばかりなのにね。

ケイトはアカデミー賞主演女優賞を獲得してるのに
レオが未だに獲得出来ないなんておかしいよねー

あと、今回、3Dだったのですが
SWの時と違って良かったです!

深海のシーンでは、すぐそこに目の前に気泡が
沈みゆくシーンでは、水が、すぐそこまで来てる…

流石、ジェームズ・キャメロン監督。
【アバター】でその実力は分っていましたが
再確認でしたね。

3時間超だけど、観る価値はあるかなと思います。
内容を知っててもボロボロ泣いたんで(^_^;)
  1. Cinema
  2. | trackback:1
  3. | comment:2

【ドラゴン・タトゥーの女】 :: 2012/04/13(Fri)

dragon

原題:The Girl with the Dragon Tattoo
日本公開:2012/2/10
上映時間:158分

経済誌「ミレニアム」の発行責任者で経済ジャーナリストのミカエルは、資産家のヘンリック・バンゲルから40年前に起こった少女ハリエットの失踪事件の真相追究を依頼される。ミカエルは、背中にドラゴンのタトゥをした天才ハッカーのリスベットとともに捜査を進めていくが、その中でバンゲル家に隠された闇に迫っていく。



見逃したーーーーー!!!!

と思ったら、期間限定の劇場限定で上映していたので
今月1日の映画の日に行って来ました♪

良かったです。

ハリエットを殺した犯人探しだけで終わるのではなくて
ハリエット探しをするきっかけとなった物事にもちゃんと決着つけてて
結構、お決まりパターンの

「あれ?そう言えば、あの事件ってどうなったんだろう?」

と言う事が無かったのでスッキリ終わりました。

まー、でも、ダニエルのあのビニールのシーン、
実際だったら死んでますけどね…(笑)
  1. Cinema
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

【ヒューゴの不思議な発明】 :: 2012/04/13(Fri)

hugo

原題:HUGO
日本公開:2012/3/1

駅の時計台に隠れ住む孤児の少年ヒューゴの冒険を、「映画の父」として知られるジョルジュ・メリエスの映画創世記の時代とともに描き出す。1930年代のパリ。父親の残した壊れた機械人形とともに駅の時計塔に暮らす少年ヒューゴは、ある日、機械人形の修理に必要なハート型の鍵を持つ少女イザベルと出会い、人形に秘められた壮大な秘密をめぐって冒険に繰り出す。


ひと月も前の鑑賞です。
監督がマーティン・スコセッシと言う事もあって観に行ったのですが…

3Dで観れば良かったのかなぁ~?
内容も今一つ。
私の心に響くものが全編を通して全くありませんでした。

マジ、途中で帰ろうかと思った。
でももしかしたら、何かがあるかも・・?
…と淡い期待を込めて、お尻が痛くても我慢した126分。

何も起こることなく映画は終了ー

TV放送しても見る事は無い作品ですわ。
  1. Cinema
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ